健康医療切手

 切手カタログをつらつら眺めていると、赤い十字マークの切手が目立ちます。赤十字の切手は戦前でも2回8種類の切手が発行されているんですよ(手元には1枚しかないんですけど)。そのへんから範囲を膨らませて健康・医療に関する切手をまとてみるかな、とやってみたのが今回のリーフです。

f:id:cannon:20211025070646j:plain f:id:cannon:20211025070702j:plain

f:id:cannon:20211025070753j:plain

 医学関係の国際会議が日本で開催されたときの記念切手が、一般人にはあまり縁がないんですけど、頻繁に発行されていました。でも2000年を過ぎたころから急に出なくなって最近では健康や医療関係の切手も全く出てません。なにか訳ありじゃないかと思いますね。例えば、郵政民営化の影響だとか、手紙離れが進んだからとか、そういうのが原因かも知れません。
 コロナ禍に見舞われてまもなく丸2年になります。関連の切手が出てもいいような気がしますね。例えば「新型コロナ征圧運動」とか、「マスク、消毒、三密回避」とかね…。

もみじ狩り

 「もみじ狩り」って何を捕まえるのかって思ってました。「観楓会」って風に当たる会かと思ってました。春は花見、でわかりやすいのに秋はピンとこないです。

 今、ウチのまわりの小さなモミジの木の葉は色づいていたりもうちょっとだったりいろいろです。霜が降りて雨も降ったのですっきりとした色にはならないかも知れないけど、季節は進んでいます。ミズナラの林も色づいてきました。
f:id:cannon:20211020085911j:plain f:id:cannon:20211020085641j:plain

f:id:cannon:20211021085253j:plain f:id:cannon:20211023092635j:plain

f:id:cannon:20211023092725j:plain

f:id:cannon:20211021091152j:plain f:id:cannon:20211021090148j:plain

 左はベニマシコ、これから南へ行く鳥。右はカシラダカ、早々とやって来た冬鳥です。野鳥たちの入れ替わりの時期です。